Fashionable

あまりにも意外なブーツが似合う脚の条件とは

ブーツと一言で言ってもロングブーツやショートブーツなど様々なものがあります。どのブーツにも共通して似合う脚の条件とは真っすぐと伸び、適度な太さの脚です。O脚などの少し外側に開いた脚や内またではあまりブーツの良さが分からなくなってしまいます。

また、履いている本人にも負担がかかりよりO脚に拍車をかけてしまします。O脚の人はロングブーツを避けてショートブーツなどの短いものを選ぶと脚の形をカバー出来ます。脚の太さも細すぎると物足りない印象になってしまいます。ブーツを履く時の意外な盲点として時間帯があげられます。歩いたり立ったりを繰り返したり、それとは逆に座りっぱなしの場合には血流の関係で、朝より夕方は脚がむくんでいます。朝はすんなりと入ったはずのブーツが夕方にはきつくなって入らないという事も考えられます。このような時間帯の事も考えて綺麗にみせるためのブーツを購入すると良いでしょう。また、ひざ上の肉も見逃しがちでここに脂肪があっては似合いません。ですから脚だけではなく体全体のダイエットに励むと良いでしょう。

足元のお洒落は洗練された女性には欠かせないものです。より似合うための細かな努力が全てを輝かせてくれるでしょう。