Fashionable

筋肉のつき過ぎは脚太りの要因に

筋肉はエネルギー消費の効率を高めるためにある程度はつけておかなければなりませんが、つき過ぎていると脚が太く見えます。

適度な状態を維持するためには、激しい運動を行わずに有酸素運動を取り入れることが大切です。激しい運動は無酸素運動になり、突発的な動作を支える筋肉を養うため、筋肉のつき方も違ってきます。

また、歩き方も重要であり、正しい姿勢を保ち、踵から着地して親指の先が最後に地面から離れるというように正しい方法を実践しなければなりません。歩き方に歪みが生じると筋肉のつき方のバランスが悪くなり、余分なところにまでついてしまうことがあります。自然に足が前に出るような姿勢で歩けば、適度な筋肉を維持できるはずです。